> ホーム > 採用情報トップ > 社員メッセージ

採用情報 Recruiting Information

入社してから約4年、さまざまな部署で仕事をしてきました。KANPOHではゼネラリストを育てるという方針から、若いうちにとにかくいろんな経験を積ませてもらえます。その中でも印象に残っているのは、工場勤務で板の生産管理をしていたときのこと。休みの前日に急な発注があり、休日を返上して納期に間にあわせたという一件がありました。もちろん一人でどうにかなることではありませんでしたし、先輩方や工場の方たちに相談して、快く応じてもらえた結果できたことです。周りの人たちがいつも本当に親身になってくれて、一丸となって頑張れる会社だなと感じました。ただ甘やかすだけではなく、厳しくするところはしっかりという雰囲気がとても好きですね。現在は本社で営業活動をし始めたところです。これからは製品に関する知識はもちろんのこと、市況などお客さまに役立つ情報を持っていけるようになりたい。真にお客さまが必要としているものを、きちんと見抜いて提案できる営業マンになることが目下の目標です。

理系出身の私は、現在お客さまに対しての技術的なバックアップを任されています。実際に施工現場に行って、業者の方や工場の方の話を聞き、数値的な根拠の説明を行います。耐震化などの規制が厳しい昨今、建築の現場では資材の扱い方や強度の問題にとても気を配っているんです。お客さまにはそれぞれ営業担当がいるのですが、私は営業担当と連絡を取りながら、部署全体のお客さまをフォローしています。現場監督としっかり話しあい、「よくわかったよ、ありがとう」と言われることがいちばんうれしいですね。私の説明で納得していただき、次もKANPOHの資材を使ってもらえることもありますので、メーカーとしての信用につながる大事な役目。今後も知識を突き詰めて会社全体の財産として積み上げ、技術的な要となるような人材を目指したいです。学生時代は、人と会ったり話したりするのがどちらかというと苦手なほうでした。それでも就職活動でさまざまな立場の人と会い、視野を広げてきたことが今に活きていると思います。

入社1年目の私がしている仕事は、報告書や社員の方々の行動予定の作成、書類のとりまとめなど。社長宛にいらっしゃったお客さまの対応などもあり、失敗の許されない仕事を任されています。初めは、まだ社会人になって間もない私が…という不安な思いもありました。しかし私のような若い人間が、普段はお会いできないような方々と少しでもお話できるチャンスだと、今は前向きにとらえています。会社の良いイメージにつながるよう、言葉遣いや立ち居振舞いにはとても気を遣っていますね。雰囲気がいいね、と誉めていただいたときには、私も会社の役に立てているんだなと喜びを感じます。まだ緊張の連続ですが、周りのことをきちんと把握しておかないといけない仕事ですので、どんなことがあっても冷静に対応できるように、先を読む力を磨いていきたいと思います。就職活動では、一生懸命取り組んでいるからこそ、不安なことやつらいこともあるでしょう。私がKANPOHを志望したのは、たまたま来た説明会で同じ大学の先輩が頑張っている姿を見て素敵だなと思ったから。何事もチャンスだと思って自分からどんどん動けば、きっといい出会いにめぐりあえると思いますよ。

一般職に絞って就職活動をしていた私は、会社を決める上で一番大事なのは一緒に働く人たちや会社の雰囲気だと思っていました。KANPOHは面接で訪問したときから、人事担当の方だけでなく、さまざまな社員の方が声をかけてくれ、他の会社とは違うと感じていました。お客さまに対する挨拶や言葉遣いなどがすごくしっかりしていて、日々学ぶことがたくさんあります。私は入社してから約2年の間に、工場研修をはじめとして営業アシスタントや採用関係の業務、総務、仕入など、さまざまな部署で少しずつ仕事を覚えてきました。少し前からは、もともと希望していた営業アシスタントを本格的に任せてもらっています。入社直後からいろいろな仕事をしてきたおかげで、会社全体の業務の流れがわかるようになり、自信につながっています。就職活動中に思い描いていた「一般職」のイメージとは違い、仕事の量も多くバリバリ頑張れる環境。今はまだミスをしないよう事務的な対応をすることで精一杯ですが、これから専門的な知識を身につけて、お客様に提案できるようになりたいですね。少しでも会社の利益につながるよう考えて頑張りたいと思っています。

現在、経理部で財務諸表作成や給与関係の業務を担当しています。入社以来、工場で生産管理なども担当してきましたが、経理という仕事が几帳面な自分の性格にあっていると思いますし、会社全体を把握できることに大きなやりがいを感じています。今まででいちばん印象に残っていることは、グループの社員全員が大阪で一同に会した60周年記念の式典。普段私は本社ビルで内勤をしていますので、そのスケールの大きさに驚きました。また、グループの中心会社の経理なんだという気持ちが芽生え、身が引き締まる思いがしたのを覚えています。今後は予算や業績の管理など、会社を動かす仕事に深く関わっていきたいですね。実際に働いている職場は、ざっくばらんに話してくれる先輩ばかり。若手の話すこともきちんと聞いてくれます。和やかでありながらも仕事はきっちりやるという雰囲気が根づいていて、とても働きやすい。鉄という生活の軸となる商品を扱っていることや、業界での知名度、住友金属とのつながりなど、KANPOHにはたくさんの魅力があると思います。そういった商品や歴史への誇りと責任感を持って、成長していきたいですね。

外国語を学んでいたことから、初めはサービス業を志望していたのですが、視点を変えてみようと行ったメーカーの説明会で、「自分で作ったモノを売る」ことに魅力を感じて方向転換しました。その後KANPOHと出会い、現在は既存のお客さまを中心に営業活動をしています。午前中から外出して得意先をまわり、夕方会社に戻って事務処理などをこなすという毎日。得意先は建材・建築関連の会社が多いですね。最近は鉄の価格変動が激しいので、得意先ではもっぱらその話題です。近況を話しあい、製品の情報をご提供するほか、注文を受けてくることもあります。また、新規営業で受注できたときの喜びはとても大きいですね。何度も足を運んで話をしていますし、それまでの仕入先との関係もあった上でKANPOHにと言ってくださるわけですから。営業としては、やはり数字という目標の達成を掲げています。少し高いハードルを設定していますが、こういう営業がしたいと若手の私でも発言できる雰囲気があり、周りの先輩に相談しながら、今まさに挑戦しているところなんですよ。KANPOHの社員としては、先輩たちがそうであるように、やさしくて明るくて頼りがいのある先輩になりたいですね。

お電話でのお問い合わせは 06(6449)8811(代)まで
Copyright 2010 KANPOH GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.
| サイトマップ | ホーム |